spikes_logo

2017年9月27日から29日まで、Spikes Asia 2017(以下、スパイクス・アジア)がシンガポールにて開催されます。
MUSIC部門の審査委員長に、TBWA\HAKUHODOチーフクリエイティブオフィサーの佐藤カズーが選出された他、博報堂DYグループから2名が審査員に選ばれました。
審査員に選ばれた3名をご紹介いたします。

■Music部門-審査委員長

kazoo_profile_n_300

佐藤 カズー(さとう かずー)
TBWA\HAKUHODO
チーフクリエイティブオフィサー

「音楽ほどクリエイティブなものはない。
音楽ほどダイバーシティーを愛するものはない。
音楽ほど世界を一つにするものはない。
そしてそれらは常に僕らのポケットの中にある。
そんな音楽を武器に、アジアを拠点とするブランド、
フィルムメーカー、アーティスト達が、
どんなアイデアで何をストリーテリングするのか。
優れた仕事の先にある未来に触れたいと思う。」

1997年Sony Music Entertainment入社。Leo Burnettを経て2009年TBWA\HAKUHODO入社。メディアの枠を超えたBig Ideaで、カンヌライオンズ金、CLIO金、D&ADイエロー、NY ADC金、文化庁メディア芸術祭など、これまでに200以上の賞を受賞。また2012年カンヌライオンズフィルム部門審査員、2017年カンヌライオンズプロダクトデザイン部門審査員をはじめ、デザイン、デジタル、プロモーションといった多領域に渡る国際賞の審査員をつとめる。2011年JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト。2013年Campaign誌Japan/Korea Creative of the Year受賞。趣味は広告のパトロール。

■Outdoor & Radio部門-審査員

miuratatsuro17_profile_300

三浦 竜郎(みうら たつろう)
博報堂 統合プラニング局
クリエイティブディレクター

「審査員に選んで頂き光栄です。アウトドアは伝統的なグラフィックデザインのもつ強いメッセージ発信力と、BREWTROLEUMに代表される大きなアイデアで私たちの社会を巻き込む力を同時に議論する多様性に満ちた部門であり、一方ラジオは各国の言語や文化に根ざした表現が多く、また別の意味で多様性に満ちています。世界の統合や分断が同時に進んでいる今、アジアならではの多様な未来を見つけ出せたらと思っています。」

03年慶應義塾大学環境情報学部卒、同年博報堂入社。16年クリエイティブディレクター。広告で培った力を拡張して、事業の転換点をつくり新たな企業文化へと育っていくクリエイティブを研究・実践している。インタラクティブ、フィルム、データなど幅広い領域で受賞多数。カンヌライオンズ金賞、ONE SHOW金賞、ロンドン国際アワード金賞、アジアマーケティングエフェクティブネス&ストラテジー金賞など。17年カンヌ、15年アドフェスト、釜山国際広告祭審査員。
キャンプと料理が趣味で、毎年20日ほど仲間と野山で過ごす。デジタル化が進む世界をより良くするヒントは、自然の中にあると信じている。

■Media部門-審査員

sanshiro-shimada-original_300

嶋田 三四郎(しまだ さんしろう)
博報堂DYメディアパートナーズ
メディア・コンテンツビジネスセンター
エグゼクティブ マネージャー

「Spikes Asia 2017 メディア部門の審査員に選ばれた事、大変光栄です。
世界各国から集る審査員メンバーと共に「メディアらしさ」にこだわった審査をしてきたいと思います!」

1995年博報堂入社。ラジオ局にて数多くのラジオ番組、キャンペーンの企画制作を行った後、音楽著作権マネージメント会社へ出向し、音楽著作権に関するライツビジネス、音楽コンサルティング、アーティストプロデュースを手掛ける。その後、博報堂DYメディアパートナーズにて、エンターテインメントコンテンツビジネスを経験。現在は、メディア&コンテンツを軸足においた統合的メディアコミュニケーションプロデューサーとして、様々な広告主業務やメディアコンテンツ開発業務に従事。

<スパイクス・アジアとは>

スパイクス・アジアは、カンヌライオンズの地域版フェスティバルとして2009年にスタートし、毎年9月にシンガポールで開催されるアジア地域最大級の広告コミュニケーションフェスティバルです。
2016年は、「Digital Craft部門」と「Music部門」が新設され、全20部門となり、23の国と地域から5,132作品の応募がありました。
アジア太平洋地域の広告分野における創造性の発展と、アイデアと人的交流のプラットフォームとして、カンヌライオンズ同様注目を集めています。

【2017年部門】
Creative Effectiveness
Design
Digital
Digital Craft ※1
Direct
Entertainment
Film
Film Craft
Healthcare
Innovation
Integrated
Media
Mobile
Music ※2
Outdoor
PR
Print & Outdoor Craft
Print & Publishing
Promo & Activation
Radio
※1・2  2016年新設

スパイクス・アジア公式サイト:https://www.spikes.asia/home/

■関連情報
【2017.09.28】Spikes Asia(スパイクス・アジア)2017開幕!
【2017.09.29】Spikes Asia 2017 2日目も注目のセミナーが多数開催中!
【2017.10.02】Spikes Asia 2017 全部門で受賞作品が発表!博報堂DYグループ主催のセミナーが大盛況
【2017.10.05】博報堂グループ、および博報堂DYメディアパートナーズは スパイクス・アジア2017にてグランプリなど29の賞を受賞。 ― ヤング・スパイクスでも優勝 ―
【2017.10.26】【スパイクス・アジア2017】―博報堂DYグループ審査員インタビュー(1)ミュージック部門 佐藤カズー
【2017.10.27】【スパイクス・アジア2017】―博報堂DYグループ審査員インタビュー(2)アウトドア&ラジオ部門 三浦竜郎
【2017.10.30】【スパイクス・アジア2017】―博報堂DYグループ審査員インタビュー(3)メディア部門 嶋田三四郎
【2017.11.10】【スパイクス・アジア2017】―博報堂のスペシャリストたちが感じた!「カンヌとスパイクスからみえた広告業界のトレンド」
【2017.11.13】【スパイクス・アジア2017】セミナーレポート―データ活用はまず、右脳から!