博報堂DYグループの株式会社博報堂DYスポーツマーケティングが活動サポート、マネジメントに関わっている南谷真鈴さんが2017年4月13日に北極点への到達に成功しました。
この成功により、世界最年少で『エクスプローラーズ・グランドスラム*』を達成した20歳の南谷真鈴さんの帰国記者会見が4月19日、神田錦町のテラススクエアで行われました。

_h3c7924

会見では、南谷真鈴さんより、北極点への過酷なチャレンジの様子が語られ、写真や映像も紹介されました。

このチャンレンジに関して南谷真鈴さんは、
「北極点に到達した時は、地球ってなんて美しいんだろうという想いで胸がいっぱいになりました。」「色々な方々のご支援があったからこそ達成できました。(支援して下さった方々の)熱い想いが、北極点で私を前に進ませたと信じています。」「私のこのプロジェクトを最後まで成し遂げた姿を見て、若い人たちがもっと前向きに、自分の夢を叶える姿勢になってくれればと思う。そういう想いが私のモチベーションであり、私の中の燃料になっています。」

と語られていました。

博報堂DYグループでは引き続き、南谷真鈴さんの活動をサポートしていくことをはじめ、スポーツ領域における事業展開、アスリートキャスティング事業などを推進していきます。

*エクスプローラーズ・グランドスラム:世界7大陸最高峰+北極点+南極点への踏破を果たすこと

_q8a4554
◆プロフィール
南谷 真鈴(みなみや まりん)
1996年生まれ。1歳半のときに父親の転勤でマレーシアへ。その後上海や香港で生活。2011年より登山を始める。South Island School Hong Kong、東京学芸大学附属国際中等教育学校を経て、現在早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科2年生。2015年1月にアコンカグア登頂。以来次々と各大陸最高峰に登頂。2016年7月4日、デナリ(マッキンリー)に登頂し日本人最年少となるセブンサミッツを達成する。2017年4月北極点を踏破し、『エクスプローラーズ・グランドスラム*』を達成。

<関連情報>
日本人最年少(19歳)でセブンサミッター(世界7大陸最高峰制覇者)となった南谷真鈴さん。飽くなき挑戦を支えるスピリットとは?