ニュースリリース

スマホでCMを見ると、Tポイントが貯まる。CM視聴プラットフォーム「FiLMiL」本格販売開始
NEWS RELEASE

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)は、博報堂DYグループの株式会社Tメモ(本社:東京都港区、社長:藤本良信)が運営する、CM視聴プラットフォーム「FiLMiL」(フィルミル)でのCM掲載枠の本格販売を開始いたします。「FilMiL」は、スマートフォンのアプリ経由で配信されるCM視聴やアンケートへの回答等でポイントがもらえるサービスです。これまでは「FiLMiLポイント」が貯まり、それをiTunesカードやAmazonポイント等と交換できる仕組みでしたが、11月25日より(FiLMiLポイントを)Tポイントへ交換することが可能となりました。(※1) また、博報堂の実施した「FiLMiL」利用者への調査では、「FiLMiL」でCM視聴した場合TVのみでの視聴に比べて「好感度」「利用・購入意向」等の数値が大きく向上いたしました。「FiLMiL」でのCM視聴は“能動的なCM視聴”であるため、TVでのCM視聴に加え「FiLMiL」でも視聴することで各種ブランドへの理解や認知が進むと考察されます。

■「FiLMiL」サービスの特徴 ■

- 「FiLMiL」でCMを見るごとにTポイントを獲得することができる (視聴者向け)
「FiLMiL」はAndroid2.3.3以上/iOS6.0以上に対応したスマートフォンでCMを見るとポイントがもらえるサービスです。本日よりTポイントと提携し、「CM 1視聴」「視聴完了後のアンケート回答」等で、「FiLMiLポイント」を付与(1視聴あたり10ポイント)いたします。なお、1か月でTポイントが最大620ポイント貯まります(※2)。また、今後は「FiLMiLポイント」10ポイントで、直接Tポイントが貯まる仕組みを目指しています。

-CMを能動的に / 最後まで / じっくりと見ていただくことが可能な仕掛け (広告主向け①)
「FiLMiL」では、スマートフォンアプリを起動後、能動的なユーザーのアクションにより掲載されたCMを見て頂き、最後までCMを見ることで1視聴とカウントすることから、”じっくり”とCMを見ていただける仕掛けになっています。

-CMクリエイティブの評価や複合接触効果を知ることが可能。CM視聴者の購買行動把握も目指す (広告主向け②)
CMクリエイティブやアンケートを実施することで、CMクリエイティブへの評価(例:メッセージ伝達や態度変容の確認、複数素材時の素材比較)やTVでのCM接触との複合効果(例:CM認知状況、TVで見たCMを連想したか、CM効果のフォロー)等を把握することができます。今後は、CM接触者の視聴からの態度変容、購買行動等を把握する取り組みも行ってまいります。

■ CM複合接触調査結果 ■

(※1)CMでポイント貯まる 「FiLMiL」とTポイントが提携

(※2)「FiLMiL」では、1日に視聴可能なCM本数は20本まで。1か月で31日のケースにおいて、最大でTポイントが620ポイント貯まります。ただし、視聴可能なCM本数は日々変動するため、1か月で獲得可能なTポイント数は変動いたします。620ポイントは、毎日CMを20本視聴可能であるケースにおいての最大値です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これらのPDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。

PAGE TOP