ニュースリリース

華やかなアスリートは浅田真央、羽生結弦、本郷理華、宮原知子、ダルビッシュ有。~第33回 アスリートイメージ評価調査2016年3月調査より~
NEWS RELEASE

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2016年3月調査を行いました。

■ 調査結果 ■

アスリートイメージ評価項目「華やかな」アスリート1位は浅田真央(フィギュアスケート)で、以下、羽生結弦(フィギュアスケート)、本郷理華(フィギュアスケート)、宮原知子(フィギュアスケート)、ダルビッシュ有(野球)となり、上位5選手中4人をフィギュアスケート選手が占めました。また、「勢いを感じる」アスリート1位は五郎丸歩(ラグビー)で、以下、錦織圭(テニス)、大谷翔平(野球)、オコエ瑠偉(野球)、羽生結弦(フィギュアスケート)となりました。「生き方や発言に共感できる」アスリートは1位イチロー(野球)、2位はノルディックスキージャンプのワールドカップ(W杯)通算500試合出場を達成した葛西紀明がランクインしました。以下、羽生結弦(フィギュアスケート)、長谷部誠(サッカー)、本田圭佑(サッカー)となりました。

また、ラグビーワールドカップ2015をきっかけとしたラグビーに対する意識変化についての質問(N=600人)では、「ラグビーの選手・チームを知ることができた」が36.8%となるなど、「ラグビー」に対する生活者の興味・関心に変化が見られました。

この調査はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的とし、調査対象としたアスリートの認知、好意度のほか、独自に構築した29項目のイメージ評価によるオリジナル調査です。博報堂DYメディアパートナーズでは、今後も定期的に「アスリートイメージ評価調査」を実施し、アスリートのイメージ評価の分析を行ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これらのPDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。

PAGE TOP