ニュースリリース

「アスリートイメージ評価調査」を実施 ~FIFAワールドカップで活躍を期待するアスリートは?~
NEWS RELEASE

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区社長:大森壽郎以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、2014年5月14日から21日にかけて、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」5月を行いました。

 

注目の調査結果“FIFAワールドカップで活躍を期待する”日本人アスリートは、1位本田圭佑(敬称略、以下同) 2位香川真司3位長友佑都4位大久保嘉人5位岡崎慎司となり、久しぶりに代表となった大久保嘉人への期待の高さが感じられます。“FIFAワールドカップに関する情報の入手経路”は「テレビ」からが86.4%と最も高く、また試合を視聴するタイミングは「テレビの生中継(リアルタイム)」が最も高い74.3%でした。“FIFAワールドカップでの日本代表の成績予想”では、「決勝トーナメント進出(ベスト16)」以上の成績と予想する人が64%となっています。

 

また、「リーダーシップがある」アスリートには、1位長谷部誠(サッカー)、2位澤穂希(サッカー)、3位アルベルト・ザッケローニ(サッカー)、4位小久保裕紀(野球)、嶋基宏(野球)がランクイン。チームをまとめ、戦力を高める責任感のあるアスリートが上位に上がっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これらのPDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。

PAGE TOP