ニュースリリース

「アスリートイメージ評価調査」 2014年2月 ソチオリンピック特別編 結果発表
NEWS RELEASE

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、 2014年2月20日から25日にかけて、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」 2月ソチオリンピック特別編を行いました

 

【注目の調査結果】

 

「ソチオリンピックで活躍した」男性アスリートは、1位 羽生結弦(フィギュアスケート)(敬称略、以下同) 2位 葛西紀明(スキー<ジャンプ>) 3位 平野歩夢(スノーボード)、女性アスリートは、1位 竹内智香(スノーボード) 2位 浅田真央(フィギュアスケート) 3位 上村愛子(スキー<モーグル>)となり、ソチオリンピックを通じて、結果を出したアスリート、力を出し尽くしたアスリートが上位を占めています。また、「夢や感動を与えている」アスリートは、1位 浅田真央(フィギュアスケート)、2位 イチロー(野球)、3位 羽生結弦(フィギュアスケート)、4位 葛西紀明((スキー<ジャンプ>)、5位 田中将大(野球)となっており、ソチオリンピックの感動がそのまま伝わるようなランキングとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これらのPDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。

PAGE TOP