ニュースリリース

「アスリートイメージ評価調査」を実施
NEWS RELEASE

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。
イメージ総合ランキング上位は、1位にイチロー(野球)、2位に浅田真央(フィギュアスケート)、3位に澤穂希(サッカー)、4位に石川遼(ゴルフ)、5位に長谷部誠(サッカー)となっており、実力と人気を兼ね備えたアスリートの中に澤穂希が3位にランクインし、サッカー日本女子代表のワールドカップ初制覇が大きく影響しているといえます。(敬称略、以下同)
「好感が持てる」アスリートは、1位に川澄奈穂美(サッカー)、2位にイチロー(野球)、3位に長谷部誠(サッカー)、4位に室伏広治(陸上)、5位に内田篤人(サッカー)となっており、ベテラン選手の中で若手選手のランクインが目立っています。
イメージ項目の「親しみやすい」アスリートは、1位に浅田真央(フィギュアスケート)、2位に田中将大(野球)、3位に澤穂希(サッカー)、4位に宮里藍(ゴルフ)、5位に長友佑都(サッカー)となっており、今年の各競技の活躍をベースに今後も期待されている若手アスリートが上位を占めています。
「勢いを感じる」アスリートは、1位に澤穂希(サッカー)、2位に長友佑都(サッカー)、3位にウサイン・ボルト (陸上)、4位に琴奨菊(相撲)、5位に清武弘嗣(サッカー)となっており、今年前半に活躍し、スポーツ界の話題となったアスリートが上位を占めています。
「常にチャレンジ精神を持ち続けている」アスリートは、1位にイチロー(野球)、2位にクルム伊達公子(テニス)、 3位に三浦知良(サッカー)、4位に澤穂希(サッカー)、5位に室伏広治(陸上)となっており、実力もあり、常に前向きに戦っているベテランアスリートが上位を占めています。
今回は、通常の調査に加え、「なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)の活躍による女子サッカーの好感度の変化」「今後の活躍を期待する女子スポーツについて」の質問を行いました。「なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)の活躍により以前より女子サッカーが好きになったかどうかの評価」では、「好きになった+やや好きになった:60.1%」。「なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)の試合や報道を通じた活躍による印象評価」では、「感動した:41.5%」「うれしくなった:36.5%」「気持ちが明るくなった:31.0%」となっています。また、今後の活躍を期待する女子スポーツは、1位にフィギュアスケート、2位にサッカー、3位にマラソン/駅伝、4位にバレーボール、5位にソフトボールとなっています。
この調査はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的とし、対象アスリートの認知、好意度のほか、博報堂DYメディアパートナーズが独自に構築した29項目のイメージ評価によるオリジナル調査です。
博報堂DYメディアパートナーズでは、今後も定期的に「アスリートイメージ評価調査」を実施し、アスリートのイメージ評価がどのように変化していくのか分析を行ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これらのPDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。

PAGE TOP